よくある質問
実際にオープンキャンパスに行ってみよう

オープンキャンパス参加に役立つアプリ・ツールは?

オープンキャンパスに行くことが決まったとはいえ、「当日道に迷わないか心配」、「オープンキャンパスとか部活とか予定が多くてスケジュール管理が大変」といった不安や悩みを抱えている人は少なからずいるでしょう。これらの悩みを一気に解決してくれる無料アプリがあります。以下のアプリの中から自分に合いそうなものを選んで、オープンキャンパスに活用してみましょう。

いくつかのアプリを使い分けよう

ここではまず、オープンキャンパスで役立つ一般的なアプリを紹介していきます。
「マップ」、「メモ帳」、「カレンダー」など、用途に合わせて使い分けてみましょう。

友達と待ち合わせする時にも便利なGoogleマップ

スマートフォンのGPSをオンにしてこのアプリを使うことで、現在地からキャンパスまでのルートが表示されます。自分が向いている方向も知らせてくれるので、迷う心配はありません。地図を読むのが苦手な人でもスムーズにキャンパスまでたどり着けるでしょう。

Googleマップといえば、ストリートビューという機能も有名です。キャンパス内の写真をGoogleマップで見ることもできます。オープンキャンパスへ行く前に、どんな場所なのか様子を見てみるとよいでしょう。ほかにも、リアルタイムで交通情報を知ることができたり、友達と現在地を共有できたりします。友達とオープンキャンパスに行く時、友達が待ち合わせ場所になかなか来ない場合や、はぐれてしまった場合、とても不安になると思います。そんな時には、Googleマップの機能を使ってお互いの現在地を共有してください。無事に友達と合流できるでしょう。

画像もメモもこれ1つで管理!Evernote

せっかくオープンキャンパスへ行くのですから、キャンパスを案内してくれる先輩方の話や、キャンパス内で目にしたこと、耳にしたこと、どんな些細なことでもメモしておき、その学校に対するイメージを明確にしておくことが大切です。とはいえ、紙のメモ帳には欠点があります。それは、必要な情報が検索できないことです。「そういえば…」と思ってノートを読み返しても、書いたはずの内容がなかなか見つからない経験をしたことがあるのではないでしょうか。その問題を解決できるのが、Evernoteです。シンプルな検索機能がついているため、知りたいワードを入力すれば必要な情報をすぐに見つけることができます。

メモアプリのEvernoteは文字だけでなく、画像を保存することもできます。オープンキャンパス中に気になったものはどんどん写真を撮り、メモすることで、文字だけでなく画像と一緒にオープンキャンパスの様子を振り返ることができるのです。また、検索機能は画像内に含まれている文字まで検索対象になっているのも魅力の1つです。さらに、友達と情報を共有する機能もあります。例えば、「オープンキャンパスの日程が被っていて、片方のオープンキャンパスには参加できない」、そんな時は友達と手分けして別々の学校のオープンキャンパスへ参加し、Evernoteで保存したメモや画像をあとで共有しましょう。そうすることで、参加できなかった学校の様子も知ることができます。

スケジュール管理に役立つGoogleカレンダー

「オープンキャンパスって、今日だったの?忘れてた…」なんて悲しいことにならないように、スケジュールはきちんと管理しておかなくてはなりません。とはいえ、高校生にもなれば勉強はもちろん、部活や学校行事、友達との遊びなど、たくさんの予定があり、そこにオープンキャンパスの予定も入れるとなると、スケジュール管理が大変でしょう。Googleカレンダーは、そんな学生にピッタリのアプリです。

日付ごとに、場所や目的、参加者といった基本情報を登録すれば、月・週・日の3形式でスケジュールを確認することができます。便利なのは、カレンダーに登録した住所から、Googleマップを開くことができる点です。例えば、カレンダーにオープンキャンパスの会場を登録しておくことで、カレンダー上に記入された住所からGoogleマップに移動し、会場の位置をすぐに確認できます。メモ機能が使えるのも便利です。気になったことは、メモ欄にどんどん書き込んでいきましょう。予定が近づいた時にポップアップやメールで通知してくれる機能もあり、これさえあれば「オープンキャンパス忘れてた…」という事態は避けられるはずです。検索ボックスに「オープンキャンパス」と入力すれば、簡単にオープンキャンパスの予定を確認することができます。友達との約束や、部活の予定なども一緒に管理しておけば、ダブルブッキングのようなミスもなくなるでしょう。

学校ごとに用意されているアプリを活用しよう

「自分が行きたい学校はここだ!」と、志望校が決まっている人は、学校ごとに用意されているアプリを活用してみましょう。「○○大学 アプリ」や「○○専門学校 アプリ」と検索すれば、志望校のアプリを見つけることができます。アプリを用意していない学校も多くありますから、まずは志望校の専用アプリがあるかどうか調べてみましょう。

アプリは大きく3つの種類に分けられます。1つは、オープンキャンパスへ来る学生向けのアプリ。もう1つは、その学校に通っている在校生用のアプリ。もしくは、その両方を対象としたアプリもあります。どのタイプにも、その学校の基本情報が掲載されています。イベント情報の閲覧や、公式サイトへのアクセス、施設案内の機能も用意されていることがほとんどです。受験生向けのアプリには、オープンキャンパスの情報やキャンパスの紹介動画、学生生活の様子といったコンテンツが用意されています。講義紹介や講師紹介がのっていることもあります。志望校についてのイメージをよりはっきりさせるために、活用してみましょう。

Googleマップ、Evernote、Googleカレンダーといった一般的なアプリを使うのもよし。学校が提供しているアプリを使うのもよし。さらには、これらのアプリを組み合わせながら使うのもよいでしょう。まずは、自分がオープンキャンパスにあたって不安なことを書き出し、その不安を解決してくれそうなアプリを使ってみましょう。用途を明確にしてアプリを活用できれば、オープンキャンパスが自分にとって、より有意義なものになるはずです。

ケータイでもオープンキャンパス・体験入学をさがせるよ!オープンキャンパス・体験入学を探そう

【オープンキャンパス・体験入学をお探しの皆様へ】

「オープンキャンパス・体験入学を探そう!」は、全国最大級のオープンキャンパス・体験入学の情報サイトです。数ある情報の中から、あなたに合った大学・短期大学(短大)・専門学校のオープンキャンパス・体験入学を簡単に検索することができます。キーワードや地図や所在地や日程など、色々な方法で検索することができ、気になる学校の資料請求をすることも可能です。あなたにぴったりのオープンキャンパス・体験入学探しをサポートします。

【オープンキャンパス・体験入学に行くメリット】

志望する大学・短期大学(短大)・専門学校を実際に見て回れる「オープンキャンパス」に参加することで、志望大学の環境や雰囲気、学べる学問のイメージがつかめます。「体験入学」は実際の授業や講義を体験できたり、図書館や学食などの施設を見学できるなど、学校選びに役立つ学びがたくさんあります。
同じ学校でも学ぶ学問や分野が異なれば、その中身も異なるものです。パンフレットやウェブサイトなどでは分からないリアルな情報が得られ、学校ごとの強みやポイント、授業の雰囲気やどのような先生がいるのかも分かるので、気になる学校にはぜひ行ってみることをおすすめします。
また、オープンキャンパスや体験入学の実施時には、入試に関する説明会などが合わせて実施されることも多いため、事前の入試対策としてもぜひ参加してみましょう。
いくつかの学校を見比べることで、本当にやりたいことや行きたい学校が見つかることがあるかもしれませんよ。