よくある質問
総合型選抜・AO入試について

総合型選抜・AO入試とは何ですか?

2021年度入試から、大学選抜試験の名称が変更され、従来のAO入試は、総合型選抜と名称が変更されました。各大学選抜の名称でAOなごりが残る試験名もあるかもしれません。専門学校ではAO名称が多く使われています。
総合型選抜(AO入試)とは、学校側が求めている人物像に合った学生を選抜する入試方式です。一般入試とは異なり、学力だけではなく志願書類の内容や面接によっても評価されます。

AO入試はアメリカで生まれた入試方法

AO入試の正式名称は、アドミッションズ・オフィス入試といって、アメリカで生まれた方式です。はじめは学生を選考できる権限を持った「アドミッションズ・オフィス」という機関によって行われていました。そのため、この機関の名前である「Admissions Office」の頭文字からAO入試と略されて使われています。

日本での総合型選抜(AO入試)は明確な定義がないため、各学校が独自の方式で行っています。例えばコミュニケーション能力を重視して面接を複数回行う方式や、書類や課題を中心に評価して選抜する方式など、様々です。2021年度の名称変更に伴い、昨年より学力を重視される選抜方法となりました。

総合型選抜(AO入試)は自己アピールが必要

総合型選抜(AO入試)では、学力試験や成績だけでは分からない学生の熱意や適性などが重視されるため、自己アピールが大切です。面接や志願書類では、入学してからの目的意識や大学で学ぶ内容と関連のある活動をアピールするようにしましょう。ですが一部の学校では総合型選抜(AO入試)であっても学力試験を行うことがあるので、学校への熱意に加えて日々の勉強に励むことも必要です。

総合型選抜(AO入試)の流れを確認しよう

総合型選抜(AO入試)の選考方法は学校によって変わるため、事前に入試の流れを確認する必要があります。総合型選抜(AO入試)の大まかな流れとして、志願したい大学のホームページからエントリーを行って、指定された志願書類や課題を提出します。その後に面接や学力試験を受けて、合格発表がされるといった流れです。総合型選抜(AO入試)は選考方法だけではなく、時期や期間なども学校によって違ってくるので、事前の情報収集が大切になります。

総合型選抜(AO入試)を目指すならオープンキャンパスに行こう

総合型選抜(AO入試)で志望する学校に合格したいのであれば、その学校の特性を知るためにオープンキャンパスに行きましょう。パンフレットやホームページだけでは分からない情報を、先生や先輩から話を聞くことで、特徴や雰囲気を詳しく知ることができます。実際に学校に行って感じたことをAO入試の面接で語ったり、志願書類に書いたりすれば、有効的なアピールポイントになります。

ケータイでもオープンキャンパス・体験入学をさがせるよ!オープンキャンパス・体験入学を探そう

【オープンキャンパス・体験入学をお探しの皆様へ】

「オープンキャンパス・体験入学を探そう!」は、全国最大級のオープンキャンパス・体験入学の情報サイトです。数ある情報の中から、あなたに合った大学・短期大学(短大)・専門学校のオープンキャンパス・体験入学を簡単に検索することができます。キーワードや地図や所在地や日程など、色々な方法で検索することができ、気になる学校の資料請求をすることも可能です。あなたにぴったりのオープンキャンパス・体験入学探しをサポートします。

【オープンキャンパス・体験入学に行くメリット】

志望する大学・短期大学(短大)・専門学校を実際に見て回れる「オープンキャンパス」に参加することで、志望大学の環境や雰囲気、学べる学問のイメージがつかめます。「体験入学」は実際の授業や講義を体験できたり、図書館や学食などの施設を見学できるなど、学校選びに役立つ学びがたくさんあります。
同じ学校でも学ぶ学問や分野が異なれば、その中身も異なるものです。パンフレットやウェブサイトなどでは分からないリアルな情報が得られ、学校ごとの強みやポイント、授業の雰囲気やどのような先生がいるのかも分かるので、気になる学校にはぜひ行ってみることをおすすめします。
また、オープンキャンパスや体験入学の実施時には、入試に関する説明会などが合わせて実施されることも多いため、事前の入試対策としてもぜひ参加してみましょう。
いくつかの学校を見比べることで、本当にやりたいことや行きたい学校が見つかることがあるかもしれませんよ。