よくある質問
総合型選抜・AO入試について

総合型選抜(AO入試)の合否には成績や偏差値は関係ありますか?

一般的な総合型選抜(AO入試)は、成績や偏差値だけで合否が決まるものではなく、入学意思や個性を重視します。しかし総合型選抜(AO入試)の選考基準は学校によって様々で、近年では成績や偏差値を含めて評価する学校も増えています。2021年度入試は、総合型選抜にAO入試から名称が変更され、入学者自らの意志で出願できる公募制として、入学志願者本人の記載する資料を積極的に活用するようになり、調査書等の出願書類だけでなく、小論文やプレゼンテーション、口頭試問、実技、各教科に係るテスト、資格・検定試験の成績等の評価方法または大学入学共通テストなどから必ず一つを活用するものと、文部科学省が通達している。

総合型選抜(AO入試)の選考タイプを知ろう

総合型選抜(AO入試)で志望大学に合格するために、大学の選考基準を知りましょう。総合型選抜(AO入試)の選考タイプは大きく分けて2つで、「面接選考タイプ」と「学力選考タイプ」があります。

面接選考タイプ

面接選考タイプは、私立大や専門学校の総合型選抜(AO入試)で主流となっている選考基準です。受験生の学力面よりも、面接や面談を行って入学意志や熱意を確認し選抜されます。面接選考タイプの総合型選抜(AO入試)では、大学側が求める学生像を十分に理解することが大切です。そのため、志望大学のオープンキャンパスや説明会はかならず参加するようにしましょう。オンラインでのイベントや選抜でのオンライン面談の利用が増えている。特徴を把握し活用しよう。

また対話を通して受験生の選考を行う面接選考タイプは、コミュニケーション能力も評価の対象に含まれます。面接や面談を行うときには、高校時代で得た学業や部活動を通した成績などを、相手に伝わるよう理論立てて話すことで、自己アピールをしましょう。

学力選考タイプ

学力選考タイプは、近年、国公立大や難関私立大の総合型で増えているタイプです。面接選考タイプと同様に、面接や面談を行いますが、学力面も選考基準に含まれます。学力選考タイプは、総合型選抜であっても大学入学共通テストを受験し、各大学が定める一定の成績をとることが前提です。さらに、一部の国公立大や難関私立大では出願条件が課されています。例えば、英語検定やTOEFLなど外部試験の結果提出や、2,000~3,000文字の論文提出などが条件です。大学入学共通テスト利用選抜や必須とする大学も増えているので、新しい出題方式には慣れておきたい。

上記のことから、学力選考タイプの大学は面接選考タイプに比べて、基礎学力や英語力のある受験生を求める傾向となっています。

総合型選抜は、自分の志望している大学が、受験生に何を求めているのかを十分に理解することが大切です。さらに、志望大学がどちらの選考タイプであっても対応できるように、日々の勉強に励み学力をつけておきましょう。

ケータイでもオープンキャンパス・体験入学をさがせるよ!オープンキャンパス・体験入学を探そう

【オープンキャンパス・体験入学をお探しの皆様へ】

「オープンキャンパス・体験入学を探そう!」は、全国最大級のオープンキャンパス・体験入学の情報サイトです。数ある情報の中から、あなたに合った大学・短期大学(短大)・専門学校のオープンキャンパス・体験入学を簡単に検索することができます。キーワードや地図や所在地や日程など、色々な方法で検索することができ、気になる学校の資料請求をすることも可能です。あなたにぴったりのオープンキャンパス・体験入学探しをサポートします。

【オープンキャンパス・体験入学に行くメリット】

志望する大学・短期大学(短大)・専門学校を実際に見て回れる「オープンキャンパス」に参加することで、志望大学の環境や雰囲気、学べる学問のイメージがつかめます。「体験入学」は実際の授業や講義を体験できたり、図書館や学食などの施設を見学できるなど、学校選びに役立つ学びがたくさんあります。
同じ学校でも学ぶ学問や分野が異なれば、その中身も異なるものです。パンフレットやウェブサイトなどでは分からないリアルな情報が得られ、学校ごとの強みやポイント、授業の雰囲気やどのような先生がいるのかも分かるので、気になる学校にはぜひ行ってみることをおすすめします。
また、オープンキャンパスや体験入学の実施時には、入試に関する説明会などが合わせて実施されることも多いため、事前の入試対策としてもぜひ参加してみましょう。
いくつかの学校を見比べることで、本当にやりたいことや行きたい学校が見つかることがあるかもしれませんよ。