よくある質問
大学の種類や学部について

志望大学や学部を決めるのはいつ?

早い段階で決めておくのが理想

志望大学や学部は、出来るだけ早い段階で決めておくと安心です。その理由は、大学と学部の情報収集や受験対策には、時間を要することが挙げられます。目安としては、志望大学と学部の決定は、高校2年生の秋までに済ませておくとよいでしょう。

高1の段階では決定してなくてもよい

志望大学や学部の決定は早いに越したことはありませんが、高校1年生の段階で決める必要はありません。これは、高校1年生の段階では、まだ大学や学部の情報が少ないためです。ただし、自分の中で学びたい学問や、将来就きたい仕事のイメージを持っておくことは大事でしょう。

高1の段階でしておくべきこと

高校1年生のうちにしておくべきことは、得意科目を作っておくことです。得意科目があることで自信につながり、受験勉強の意欲を上げる効果も期待できます。1教科でもよいので、早めに取り掛かるようにしましょう。比較的時間に余裕のある1年生だからこそ、その時にしかできない準備をしておくことは大事です。

また、高校1年生の段階では学問研究を行っておくことも重要です。高1の秋までに文系と理系を選択することが多いため、夏前から興味のある職業や学問の内容などを調べておくとよいでしょう。

高校2年生の秋までには決めたい

志望の大学や学部は、高校2年生の夏休みくらいには決めておくとよいでしょう。その後、高2の秋ごろには高3からの履修科目を選択します。その際に選択した科目が受験で使う科目となるので、高2の秋までには大学や学部の候補を決めておくとよいでしょう。

また、志望大学や学部がなかなか決まらない場合は、オープンキャンパスへの参加をおすすめします。実際に大学へ行って、大学のイメージや雰囲気をつかむことは大切です。もちろん最終的な決定は、高3になってからでも構いません。

進学先が決まったら仮目標を立てる

志望する大学と学部が決定したら、仮目標を立てることも大事です。模擬試験の点数や、苦手な科目の点数をあげるなど、些細なことで構いませんので、仮の目標を決めましょう。仮目標を立てることによって、受験のモチベーションが向上する効果が得られます。最初から大きな目標を立てる必要はありませんが、目標を立てっぱなしにしないように注意してください。

ケータイでもオープンキャンパス・体験入学をさがせるよ!オープンキャンパス・体験入学を探そう

【オープンキャンパス・体験入学をお探しの皆様へ】

「オープンキャンパス・体験入学を探そう!」は、全国最大級のオープンキャンパス・体験入学の情報サイトです。数ある情報の中から、あなたに合った大学・短期大学(短大)・専門学校のオープンキャンパス・体験入学を簡単に検索することができます。キーワードや地図や所在地や日程など、色々な方法で検索することができ、気になる学校の資料請求をすることも可能です。あなたにぴったりのオープンキャンパス・体験入学探しをサポートします。

【オープンキャンパス・体験入学に行くメリット】

志望する大学・短期大学(短大)・専門学校を実際に見て回れる「オープンキャンパス」に参加することで、志望大学の環境や雰囲気、学べる学問のイメージがつかめます。「体験入学」は実際の授業や講義を体験できたり、図書館や学食などの施設を見学できるなど、学校選びに役立つ学びがたくさんあります。
同じ学校でも学ぶ学問や分野が異なれば、その中身も異なるものです。パンフレットやウェブサイトなどでは分からないリアルな情報が得られ、学校ごとの強みやポイント、授業の雰囲気やどのような先生がいるのかも分かるので、気になる学校にはぜひ行ってみることをおすすめします。
また、オープンキャンパスや体験入学の実施時には、入試に関する説明会などが合わせて実施されることも多いため、事前の入試対策としてもぜひ参加してみましょう。
いくつかの学校を見比べることで、本当にやりたいことや行きたい学校が見つかることがあるかもしれませんよ。